【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

舌診

こんにちは歯科医師の小野寺です!

今回は舌を診ることで身体の状態を知ることができる「舌診」について話したいと思います。

 

「舌診」とは、患者さんの舌の色、大きさ、厚さ、舌苔(舌に付いている汚れ)の色などを診ることによって、身体の健康状態を知る方法です。

 

まず正常な舌の状態


f:id:bright-dc:20171124082136j:image

・薄紅色で、鮮やかなピンク色

・苔はうっすらと白く付いている程度

・適度に潤っている

・程よい大きさや厚さがある

・動きが自由である

 

①紅舌


f:id:bright-dc:20171125233843j:image

全体的に舌が赤くなったり、先端だけ赤くなる症状。

この状態の場合風邪を引いているときや熱があったりすることがある。

 

②溝舌


f:id:bright-dc:20171125233902j:image

溝舌とは舌の所々に溝ができてしまう症状。

多くの場合唾液やリンパ液、血液が不十分になり起こる。

原因として消化管が弱ったりストレスがある場合に起こる。

 

③地図舌


f:id:bright-dc:20171125233917j:image

地図舌は所々少し赤くなったり、少し色が抜けているところができる。

ストレスを感じたり、アレルギー体質の人によく見られる。

例えば生活環境が変わったり、食べ物を食べたときに地図舌になったときはアレルギーを疑う。

 

④白苔舌


f:id:bright-dc:20171125233929j:image

舌が白くなってしまう状態。

これは胃腸や消化器が弱ったとき、荒れているときに見られる。

舌の表面には糸状乳頭という無数の突起がある。通常は短いが胃腸機能が弱ったり、乾燥により乳頭が伸びてきてこれ以上ものを送り込まないようにする防御反応としてでてくる症状。

糸状乳頭が伸びてくるくると舌に汚れがついてくる。これを舌苔といい、口臭の原因になる。

 

このほかにも舌は内臓と繋がっていて、内臓に異常があるとそれにしても対応した舌の部位に変化が現れやすいといわれています。
f:id:bright-dc:20171125234357j:image

 

このように舌を診察することで身体の色々な不調を見抜く事ができるので是非参考にしてみてください。