【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

世界の歯医者さん事情

こんにちは、歯科医師の千葉です。

 

ハロウィン🎃の時期で、日本をはじめ、各国で盛り上がっていることかと思います。

 


f:id:bright-dc:20171028234030j:image

さて、今日は、世界にちなんで他の国の歯医者ってどーなってるの??

ということでまとめてみました。

 

日本

「国民皆保険制度」です。この保険により、虫歯や歯周病の治療の際には、世界的に見ると圧倒的に安い治療費で歯科治療を受けることが出来ると言われています。

 

アメリカ
日本のような国民皆保険制度はないので、民間の保険に入っていない人は保険は使えません。

治療費は非常に高く、深い虫歯の治療を行なうと、軽く10万円は超えます。

そのかわり、医療水準は高めです。それは、保険がないだけでなく、専門医の存在も大きいと思われます。

 

専門医に通って神経の治療をする、といったイメージがあります。

 

ドイツ

公的保険制度があり、国民の約90パーセントが加入しています。

ただ、日本では国民は全員社会保険に加入する義務があるのに対し、
ドイツでは高所得者や官吏は強制加入ではありません。
(高所得者は、公的保険か民間保険かを選択することが出来ます)

公的保険に加入していれば、保険適用範囲内の歯科治療に関しては無料で治療を受けることが出来ます。

 

スウェーデン

世界的にもトップクラスの各種保障体制が整っている国でキシリトール発祥の地でもあり、「予防」が有名です!


歯科治療は、19歳までは無料!(矯正も無料!!)


20歳以降歯科治療が必要になった場合には高額な治療費がかかりますが、それでもかなり保険で支給されます。

 

イギリス

NHS(National Health Service、日本でいう国民健康保険)とプライベート(自費診療)に分けられます。

日本と似たイメージです。

 

韓国
保険でカバーされている治療の範囲は非常に狭く、実質的には自費治療になる場合も多々あります。

矯正や審美歯科など、美容に関する歯科治療が非常に盛んです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この国いいなーと思われた方もいるかもしれませんね。

 

実際には、保険の適用範囲、質の違いがあるらしく簡単に評価できるものではないようです。保険の負担の問題もありますし。

 

ちなみに、日本の歯医者の技術の質を平均すると世界でも上の方にあると言われています。