【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

読書の秋ということで。

 

みなさん、こんばんは。

 

新浦安ブライト歯科 院長 久後佑介です。

 

最近、読んだ本で「革命のファンファーレ」という本がありまして、

 

作者がタレントの西野亮廣さんという方が書いているのですが・・・。

f:id:bright-dc:20171021172245p:plain

この西野さんという方、お笑い芸人のキングコングというコンビを組んでいて、

 

知ってる人は知ってると思いますが、世間にすごく嫌われているキャラクターとして扱われているんですね。

 

実際、テレビで何度か拝見したことはあるのですが、テレビの編集もあるのでしょう

 

けど、なるほど、鼻につくような態度や発言をするんですね。

 

例えば、お笑い芸人をやめて、突然絵本作家になると言い出してみたり、

 

なんか絵本が売れるために自腹で何万部も買って、その領収書をネットに上げてみたり

 

実際、絵本書いてるのは自分じゃなく、ほとんどが他の人が書いてたり・・・

 

だから、そりゃ嫌われるし、批判もされるよなと思っていたので、正直いってあまり好きではありませんでした。

 

しかし、先日ひょんなことで、その西野さんの本を読んだのですが、印象がガラリと

 

変わったんですね。むしろ、すごい面白い人だなと思うようになりました。

 

きっかけは、彼が書いた絵本で「えんとつ町のプペル」という本を見たことです。

f:id:bright-dc:20171021172555p:plain

 

絵本作家になるというだけあって、絵本も書いているのですが、その絵本を彼が、無料公開すると言って、また世間から批判を受けてました。

 

「結局、話題集めにそんなことしてるんだろう」とか「そんなことをすると、すべての絵本作家が食べれなくなってしまう。」とか「すべてのクリエイターを敵に回した」とか。。

 

またやってるなぁと思いつつ、一度無料なら見てみるかという感じで、「えんとつ町のプペル」という絵本を読んでみました。

 

感想としては、絵本のクォリティとしては、高いし、面白いいい本だなと思いました。

 

それで、冒頭の本に戻るのですが、結論から言うと、数々の炎上や批判はある程度の想定内で、やっていたということなのです。

 

例えば、初めは絵本も一人で書いてたらしいのですが、書いてるうちに、

「あれ?これ時間すごいかかるな」

「なんで映画や他の本のように分業制にならないのだろう?」

「絵本の市場規模がそもそも小さすぎるから、分業制にならないらしい」

「じゃぁ、売り上げをいっぱいあげてしまえばいい」

「商品ができる前に売り上げれないか?」

「クラウドファンディングを使って、寄付してくれた方に、サイン付きの絵本を送る約束をすれば、売り上げは確保できる」

ということになり・・・

 

結局、商品が出来上がる前に2000万近くクラウドファンディングでお金が集まり、つまり、それは1万部程度の売り上げが確保できているということになったみたいです。それで、商品が出来た時に、自腹で1度、1万部買い上げて、クラウドファンディングで寄付してくれた人にサインを書いて送っていたというのが実際の所だったみたいです。

 

絵本を自分一人で作っていないことも、自腹で絵本を1万部買い上げたことも事実ではありますが、本の内容と、世間一般で言われていることは違うなぁと思いました。

 

人を偏見で判断しないようにしようと改めて思った今日この頃でした。

 

当医院にも「えんとつ町のプペル」入荷しましたので、ご興味がある方は是非。

 

新浦安ブライト歯科はこちら