【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

今年、ハミガキ粉に革命が起きていたことを知っていましたか?

f:id:bright-dc:20170713115051p:plain

こんにちは。歯科医師のニレイです。

 

 

タイトルは大げさですが、

今年3月より市販されている歯磨剤(ハミガキ粉)にある変化が起きています。

 

何のことか思い当たりますか??

 

 

2017年3月より、

ハミガキ粉の中に含まれるフッ素の配合量の上限が大きく変わりました。

 

詳しく説明しますと、

フッ素が含まれる量として

従来の1000ppm(0.1%)から1500ppm(0.15%)

増量することができるようになりました。

 

f:id:bright-dc:20170713121228p:plain

ライオン(株)のハミガキ粉も改良されて新発売。

 

 

単純に今までの1.5倍の量のフッ素が入ってることになります。

 

この1500ppmというのは外国でも採用されている国際基準(ISO)に則った量なので、

ようやく日本が世界に追いついたイメージです。

 

 

フッ素の効能については以前よりブログでもお伝えしておりますが、

歯を強くすることでむし歯にならないようにする目的で使用しております。

 

 

なかでもいちばん身近な「ハミガキ粉」に含まれる量が増えるということは、

それだけ歯を丈夫にするチャンスが増えることにつながります。

 

 

ただしひとつ注意書きとして

「6歳未満の子どもには使用を控えること」があります。

 

フッ素の取り過ぎは「歯のフッ素症」を招くおそれがあるからでしょうか、

影響が出やすい低年齢の子どもたちには慎重に使ってほしいとのことです。

 

 

一個人として申し上げるならば

歯のはえ始めが一番むし歯になりやすいので

予防のために使用してほしいですけどね。

 

ちなみにアメリカ歯科医師会(ADA)も歯がはえ始めた時期からのフッ素配合ハミガキ粉の使用を推奨しています。

www.ada.org

 

 

高濃度フッ素配合の新製品もこれからどんどん出てくると思いますので、

 

むし歯予防の一環としてぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

 

プロが行うフッ素塗布にもご興味があればコチラから!!