【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

セラミック治療について

こんにちは!

新浦安ブライト歯科院長 久後佑介です。

今日は、歯科でよく使われている素材であるセラミックについて、ご説明をしたいと思います。

f:id:bright-dc:20170526163920p:plain

 

セラミックとはそもそも何か?

物質には大きく分けて、有機物と無機物があります。

無機物の中で、金属と非金属があり、その非金属の部分を主に、セラミックと言います。

つまり、セラミックとは、無機物の中の非金属の総称なのです。

 

セラミックには、どういったものがあるでしょうか?

まず、セラミックと聞いて思い浮かべるのは、お皿ではないでしょうか?

陶器はもちろんセラミックです。

その他、レンガや、コンクリートもセラミックといえます。

f:id:bright-dc:20170526164109j:plain

 

 

歯科でよく使われるセラミックには、長石系のガラスセラミックがあります。

セラミックは汚れもつきにくく、見た目もよいのでよく使われますが、唯一の弱点が、ガラスセラミックという名の通り、壊れやすい(割れやすい)ということです。

正確には、耐衝撃に弱い素材であるので、昔から、弱点を克服するために様々な研究開発がなされていました。

そんな中、リューサイトや、アルミナという素材を混ぜると、耐衝撃性が飛躍的に大きく伸びることがわかりました。

しかし、耐衝撃性(こわれにくさ)が上昇するかわりに、見た目の透明感や美しさがなくなってしまうことが多く、なかなか悩みの種でした。

壊れにくさを取れば、美しさが失われ、美しさを取れば、壊れやすい素材になってしまう、いわゆるトレードオフの関係ですね。

他の世界でもよくあることですよね。

なんとかできないものかと、悩んでいた中、とうとう、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした新しいセラミック素材が、歯と同等程度の耐衝撃性をもつ商品として、開発されました。それは、「e-max(イーマックス)」と呼ばれる商品で、従来のセラミック素材より圧倒的に割れにくいため、歯科材料の世界を席巻することになりました。

現在の、当医院のセラミック治療の主力です。

見た目の美しさと耐久性を兼ね備えた素晴らしい素材です。

よほど噛み合わせが強いところか、見た目が要求されるところ(前歯)以外では、第一選択となります。

 

また、時を同じくして、別系統の研究で、ジルコニアセラミックという多結晶型セラミックも開発されました。

ジルコニアは、別名人工ダイヤモンドと言われるくらい硬い素材で、ガラスが含まれないセラミックです。

 

f:id:bright-dc:20170526164349j:plain

そのため、強度が今までのセラミックに比べると圧倒的です。

見た目の美しさも、従来の強化型セラミックより改善はされていますが、ガラスが含まれたセラミック素材のほうが透明感があり、美しいです。

そのため、ジルコニアを土台にして、従来のガラス系セラミックを焼き付ける手法が一般的になっております。

それぞれのセラミックの長所と短所を使い分けた素材を選ぶことが、とても大切ですね!!