読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

レントゲンって安全なの?

Dr.千葉のブログ

こんにちは、歯科医師の千葉です。

今日は歯医者さんのレントゲンのお話をしようと思います。


レントゲンってやはり被ばくが不安!!
と思われる方も多いかと思います。


しかし、実は私たちは日常生活でも放射線を浴びているんです!


年間に自然界から浴びる量と比べて、歯科のレントゲンの放射線量は100分の1ほどと極めて微量です。

下の図をご覧ください!

f:id:bright-dc:20170221004604j:plain


歯医者さんのレントゲンって意外と少ないんだなーと思われたかとおもいます!


近年では放射線被曝の少ない、より安全なデジタルレントゲンが主流になってきており、当院でも設置しています。


また、撮影時には、放射線をブロックする鉛でできた防護服(防護エプロン)を身につけますので、さらに減らすことができます。



心配なさる方のなかには、妊婦さんもいらっしゃるかと思います!


撮影部位は口周囲です。
発生する放射線もごく微量であることから、妊娠初期を含めて胎児への影響は限りなく少ないと言われています。


胎児に影響がでる放射線量のレベルは50ミリシーベルト以上とされており、歯科でレントゲンを1枚撮った場合の数千倍以上という計算になります。

そのため、もし妊娠しているのを知らずにレントゲンを撮ったとしてもまず影響はないと考えられますが、妊娠中は念のためレントゲンの撮影しなかったり、必要最低限にとどめることが多いです。

妊娠中の方は必ず歯科医師にその旨を伝えてくださいね



正確な診査診断、治療の経過・結果を見るためなど、レントゲンをとる機会があるかと思いますが、安心していただけるかと思います!