【浦安市、新浦安の評判の歯医者】新浦安ブライト歯科が誇るドクター陣によるブログ

浦安市、新浦安で口コミでも大人気の歯医者『新浦安ブライト歯科』のブログです!歯の情報や、歯科治療方法などとっても為になる記事を更新中です★『新浦安駅』『浦安駅』『舞浜駅』で歯科医院をお探しの方は是非当院へ!

見える診療を目指しています5

こんにちは、歯科医師の千葉です。

 

他のドクターの方々も『見える診療シリーズ』でのブログが続いてますが、私も続けて行きます!

 

今回の見えるモノは『細菌』です!

 

何で見るかと言うと、歯垢(プラーク)をとり、位相差顕微鏡という機械を通しモニターで見ます。


f:id:bright-dc:20170817203202j:image

 

 位相差顕微鏡とは、光学顕微鏡の一種で、口の中の細菌を確認できる特殊な顕微鏡のことです。位相差顕微鏡検査で歯周病の原因菌が特定できます。

 

お口の中には口腔常在菌といって元々住んでる?菌がいます。

 

常在菌とは私たちの体の中や口の中に住みついている最近やカビの事です。

常在菌が多い順番としては腸、口、鼻、皮膚などです。

お口の中には500〜700種類くらいの常在菌が住みついています。

一口に菌と言っても常在菌の中には善玉菌も悪玉菌もいます。

 

ところが、虫歯、歯周病が進行していると、これらの原因菌が暗躍します。


f:id:bright-dc:20170817203343j:image

 

これを見ると、皆さんショックをうける方が多いのですが、安心してください。

治療、予防することにより改善します!!

 

これを使う目的は、

  • 患者さん自身に自分の口の中の現状を見てもらうこと
  • 歯磨きに対するモチベーションの向上

 

にあります。

 

当院にも設置してあります。

皆さんの、より良い口腔環境作りの手助けとなればいいなと思います。

 

小さくて複雑な口の中の情報をあらわにし、患者さんにも伝達することができる 『見える』は、他にも「歯垢染色液」、「入れ歯の適合試験材」など色々なところに使われています!

 

 

 

 

 

 

見える診療を目指しています4

こんにちは、歯科医師の今井です。

 

皆さんが虫歯かもしれないと思うのはどういった時でしょうか?

 

虫歯になると痛みが出るほかに、歯が黒くなったり穴が空いたりしますが、見た目では分からないこともあります。

 

外から見えないところで虫歯が進んでいたり、虫歯があっても見た目では大きさまではなかなか分かりません。

 


そんな時に役立つのがエックス線写真(レントゲン)です。

虫歯の大きさや歯を支える骨の状態を確認することができます。


f:id:bright-dc:20170813220915j:image

 

 歯や骨の中は直接見ることができないので、エックス線写真をとってみることが非常に重要になります。

 


ただ、エックス線写真にも欠点があり、重なった部分が確認しにくかったり、小さい病変ははっきり写らないことがあります。

 

 


そういった時に活躍するのが歯科用CTです。


f:id:bright-dc:20170813215953j:image

 

CTもエックス線を使いますが、コンピューター処理により、断面図や三次元的な立体図を確認することができます。

 

そのため、小さい病変だけでなく、骨の厚さや歯の根の状態などもみることができます。

 
f:id:bright-dc:20170813220936j:image


当院にも歯科用CTがありますので、必要な時に撮影して、しっかり確認した上で治療を進めていきます。

 

CTなどの画像検査についても、聞きたいことがあれば、遠慮なく相談してくださいね。

見える診療を目指しています3

こんにちは。歯科医師のニレイです。

 

 

f:id:bright-dc:20170807213658j:plain

Amazon.co.jp

 

スプラトゥーン2、おもしろいですね。

 

姪っ子と一緒に遊ぶために買ってみましたが、見事に自分がハマってしまいました。

 

 

 

どんなゲームなのか簡単に説明しますと、

 

4対4に分かれて1つの陣地を

 

どちらが多く自軍の色のインクで染められたかを競う陣取りゲームです。

 

 f:id:bright-dc:20170808091904j:plain

 

ルールは単純ですが、チームとの協力や染めていく効率などを考えていくと

 

なかなか奥が深いです。

 

 

ちなみに私たちも日常の診療で敵の陣地を染め出しています。

 

いったいどういう事だと思いますか??

 

続きを読む

見える診療を目指しています2

おはようございます‼

歯科医師の小野寺です。 

 

今日は浦安で花火大会がありますね、

新浦安ブライト歯科ではキッザニア(お子さんたちの職業体験)が行われます。

普段治療されてる子供達が歯医者さんはどんな風に仕事をしているのかを知るいい機会だと思います。

 

前回千葉先生が患者さんに我々が行っていること見てもらうための仕組みを説明しましたが先生たちも患者さんをよくみるために工夫しています。

それがマイクロルーペです。
f:id:bright-dc:20170729070110j:image

マイクロルーペ(2.5倍から5倍)を行い診療を行うことで

・今まで見えなかった初期虫歯の発見

・虫歯治療において細部を正確に治療できる。

・被せもの形成時の歯と歯茎の境界(マージンライン)をより鮮明に確認できキレイに形成できる。

・歯周病の治療時の歯石の有無の明確化

など様々な利点があります。


f:id:bright-dc:20170729071105j:image



f:id:bright-dc:20170729071128j:image

実際に診療してみると見えかたによりこんなに違いがあるのかと思います。

このように新浦安ブライト歯科では診療側も歯を見やすくすることにより正確な治療を心がけています。

見える診療を目指しています

こんにちは、歯科医師の千葉です。

連日、暑さが続いていますが皆様おかわりないでしょうか?

 

今日は『口腔内カメラ』についてお話をしたいとおもいます。

 

口の中の状態を説明されても、ピンとこなかった経験はないでしょうか?

 

治療後に鏡で見入った事はありませんか?

 

 当院では、初診時、治療前後において口腔内の状態をペンタイプのカメラにて撮影し、見ながら説明できるように配慮しています。

 

<口腔内カメラのメリット>

  1. その日の治療内容が確認できる
  2. 口の中の状態を見て把握できる
  3. 保存することにより経過を追える

 


f:id:bright-dc:20170717225828j:image

 

各ユニットに1台ずつ設置されています。


f:id:bright-dc:20170717225241j:image

 

 

撮影した映像はユニットのイスの前のモニターに映し出されます。


f:id:bright-dc:20170717225449j:image

 

  

これにより、視覚的にも分かりやすいものとなります。

 

子供の治療前後に、お父さんお母さんにお話する場合にも大活躍です!!

 

 

 

 

歯科の診療科について

こんにちは。
歯科医師の今井です。

 

以前、口腔外科についてお話ししましたが、お医者さんが内科・外科・耳鼻科・皮膚科・・など分かれているように、実は歯医者もいろいろな診療科があります。

 

町の歯医者さんでは歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科などの診療科が書かれているのをよく見かけると思います。

 


f:id:bright-dc:20170714074244j:image

 

歯科(または一般歯科)は虫歯や歯周病、入れ歯などの歯と口に関する病気の治療を行います。歯医者さんと聞いて皆さんがイメージする治療ですね。


小児歯科は、生まれてから二次成長期を終える18歳頃までの子供の歯や口の健康を通して、子供の成長・発育をサポートしていきます。
具体的には虫歯の予防や治療、かみあわせ、永久歯への生え変わりなどを診ていきます。
小児は虫歯になりやすく、虫歯が進むのも早いため注意が必要です。


矯正歯科は、歯並びやかみあわせを治療して見た目や機能を改善していきます。
マウスピースやワイヤーを用いて歯を良い位置に動かしたり、スペースがない場合には抜歯をすることもあります。
歯並びが悪いと見た目だけでなく、歯磨きがしにくく虫歯や歯周病になりやすいです。


さらに大学病院では場所によって多少呼び方は異なりますが、保存科、補綴(ほてつ)科、放射線科、歯科麻酔科などがあり、細かく専門分野に分かれています。
また、インプラント科やスポーツ歯科、ペインクリニック、顎関節症科などがある病院もあります。
一般の歯科医院では難しい専門的な治療を行っています。

 

新浦安ブライト歯科でも、専門的な治療が必要な患者様の場合は、専門病院に紹介し連携を取りながら治療を行っています。